プランタ ジェネット ブリュット

ワイナリーの特徴

英国からの移民であるトニー・スミスは1968年に最初の作付けが行われた後、英国王室に由来する名であるプランタジェネットワイナリーを1974年に創立、ファーストヴィンテージ以来、エレガントで繊細なワインを市場に送り続け、その間に数多くの受賞に輝いています。

最初にワイナリー用に購入したのはリンゴのパッキング用の小屋したが、少しずつ設備を整え現在では最新の機器を揃えたワイナリーとなっています。ヴィン ヤードは1980年代後半より拡大し続け、マウントバーカー南のロッキーホラーヴィンヤードを、そして1999年には町の西側にロセッタヴィンヤードを造 りました。

2000年オーストラリアでもっとも古い家族経営の会社の一つであり、ワインとスピリッツの卸業者でもあるライオネルサムソンアンドサンに株の売却をした 折、トニーは会長職に就き、2007年ヴィンテージよりケープメンテルにて21年ワインメイキングをしていたジョン・デュラムを迎えました。クラシックで ありながらも、新しい息吹を蓄えたワイン造りを目指す彼の活躍は目覚ましく“ピノの悲劇”と呼ばれていたピノ・ノワールさえも、冷涼な地域特性を生かし完 全なワインを作り上げました。

西オーストラリア州南部のマウントバーカー地区にある隣り合う2つの自社畑、ロッキーホラーとボーベリーヴィンヤード産のピノ・ノワールと、クリスタルブ ロックヴィンヤード産のシャルドネを使用。その土壌は鉄鉱石が混ざった砂利質のローム土壌です。手摘みで収穫されたブドウは全房で圧搾。古樽で発酵された 後、4か月間澱と共に熟成されました。そして、酵母と蔗糖と共に瓶詰、瓶内2次発酵を経て3年間の熟成後、澱抜きされてリリースされました。

淡いレモン様の色調に細かく立ち上る泡。その香りは、レモンやカリン、そしてメロンといった新鮮な果実のアロマと、瓶内2次発酵による酵母の複雑さとが ハーモニーを奏でています。味わいはその澱との接触により得たクリーミーな触感に、イーストの風味が混ざった上品なもの。豊かな酸味とキメの細かい泡の ムースが長く爽やかな余韻へと続きます。

商品コード:5753
プランタ ジェネット ブリュット
生産国 オーストラリア
生産地 西オーストラリア州 / グレートサザン マウントバーカー
生産者 プランタジェネット
収穫年 2008年
格付け  
白泡
タイプ 辛口
容量 750

 

通常価格:3,292(税込)
販売価格:¥2,948(税込)
ポイント:26Pt
関連カテゴリ:
用途でワインをさがす > お祝い(おめでとう)のワイン
金額でさがす > 2001円~3000円
味・タイプでさがす > 白ワイン > 辛口
ワインの産地で探す > オーストラリア
味・タイプでさがす > スパークリング
在庫: 0点
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
PAGE TOP