ホーム>オンラインショップ>用途でワインをさがす>自分へのご褒美のワイン>グリューナー・ウ゛ェルトリーナー・シュタインセッツ Gruner Veltliner

グリューナー・ウ゛ェルトリーナー・シュタインセッツ Gruner Veltliner

 

Weingut Schloss Gobelsburg

ヴァイングート・シュロス・ゴベルスブルク

12世紀から続くシトー派のワイン造りを現代的解釈で表現するワイナリー
オーナー ミヒャエル・モースブルッカー氏    
ワイナリー

21世紀の今に続くシトー派修道僧たちのワイン造り

ゴベルスブルク城(シュロス・ゴベルスブルク)を拠点とする今日のワイナリーは、もとは城から北西にあるツヴェットルと いう街に1138年に設立されたシトー派の修道院を起源とします。最も古い記録ではここで修道僧によるワイン造りが始められたのは1171年。現在のエス テイトによるワインのラベルに「Seit 1171(1171年創業)」とあるのは、古く12世紀に遡るこの記録に由来します。修道僧によるワイン造り初期の百年間は、現在とは少し趣が異なり、ド ナウ河一帯やヴァインファーテル、さらに南下してウィーンやウィーン南部の街グンポルツキルヘンなど、様々な場所で醸造が行われていました。

 

しかし、1740年、金銭的な事情からゴベルスブルク城の所有が貴族から修道院へと移った後は、この城そのものがワイナリーの主要な醸造施設として 再編されました。この時から修道僧たちのワインは現在も名高い「シュロス・ゴベルスブルク」の名で知られるようになったのです。時を経て20世紀半ばの 1958年、第二次世界大戦やソビエト連邦による占領から修道院がようやく開放されると、「シュロス・ゴベルスブルク」のワイン造りはベルンハルト・バウ マン司祭により再び輝きを取り戻します。バウマン司祭は1980年まで醸造に携わり、その後1994年に退任するまで修道長として修道院に仕えました。 20世紀後半まで脈々と受け継がれてきた修道僧たちによるワイン造りの歴史はここで転機を迎えます。1996年、現在のオーナーであるミヒャエル・モース ブルッカー氏が長期賃貸契約の形でゴベルスブルク城と約40ヘクタールのブドウ畑の権利を取得し、12世紀より続くシトー派修道院のワイン造りを現代的解 釈で蘇らせています。

オーストリア屈指の銘醸地カンプタールでも特に高い評価を受ける生産者。シュタインセッツはゴベルスブルク村の南側に位置する。純粋な果実味とミネラル感が表れたクリアーな白ワイン

商品コード:5196
グリューナー・ウ゛ェルトリーナー・シュタインセッツ Gruner Veltliner
生産国 オーストリア / ニーダーエステルライヒ
生産地 カンプタール
生産者 ゴベルスブルグ
収穫年 2015年
格付け DAC レゼルヴェ
タイプ 辛口
容量 750

 

通常価格:3,740(税込)
販売価格:¥3,036(税込)
ポイント:27Pt
関連カテゴリ:
用途でワインをさがす > 自分へのご褒美のワイン
金額でさがす > 2001円~3000円
味・タイプでさがす > 白ワイン > 辛口
ワインの産地で探す > オーストリア
在庫: 5点
数量:
カゴに入れる
問い合わせる

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
PAGE TOP