ホーム>オンラインショップ>特集>銘醸畑に彩られたルイ・ジャド>アロースコルトン ルイ・ジャド 2011  Aloxe Corton Louis Jadot

アロースコルトン ルイ・ジャド 2011  Aloxe Corton Louis Jadot

 

銘醸畑に彩られたルイ・ジャドの歴史

 

ルイ・ジャド社は1859年に、由緒あるぶどう栽培家としての歴史を有するジャド家のルイ・アンリ・ドゥニ・ジャドによって創設されました。

1794 年からジャド家が所有するシュヴァリエ・モンラッシェ・レ・ドゥモワゼルの総面積の半分や、1826年に取得したボーヌ・ヴィーニュ・フランシュのプルミ エ・クリュで、現在までモノポールであるクロ・デ・ズルシュールに加え、ブルゴーニュの銘醸格付け畑を次々に取得し、ブルゴーニュ有数の大ドメーヌとなる とともに、優れた品質のワインを提供するネゴシアン・エルブールとしても高い評価を受けています。

 

1900年にルイ・ジャン・パプティストが家業を引き継ぐと、コルトン・シャルルマーニュ等の著名な畑を次々に購入し、強力なポートフォリオを構築しました。
その後、ルイ・オーギュスト・ジャドは、イギリス・アメリカにも市場を拡大し、ルイ・ジャド社の世界的名声を確固としたものにしました。ルイ・オーギュストの死後、マダム・ジャドは、彼の片腕であったアンドレ・ガジェにルイ・ジャド社の経営を委ねました。

1970年には才能豊かなジャック・ラルディエールが醸造チームに加わり、彼の卓越したワインづくりの手腕は、ルイ・ジャド社の名声を更に高めてきました。

社畑の殆どがグラン・クリュとプルミエ・クリュ

 

ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取引に携わる一方、総面積150ヘクタールのぶどう畑を所有する大ドメーヌでもあります。その内、70ヘクタールがジュヴレ・シャンベルタン村からサントネイ村までのコート・ドール全域にあり、その所有形態に応じて、「ドメーヌ・デ・エリティエ・ルイ・ジャド」、「ドメーヌ・ルイ・ジャド」、「ドメーヌ・ガジェ」、「ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタ」等に分かれ、それぞれワインのラベルに明記されています。

 

 

 

ルイ・ジャド社のラベル

 

ルイ・ジャドのラベルで販売されるワインは、全てブルゴーニュ地方のAOC格付けのワインで、全てのワインに、同じデザインのラベルが用いられています。

これは、ルイ・ジャド社が創設当初から、グラン・クリュからシンプルなAOCブルゴーニュに至るまで、全てのアぺラシオンに対して同等の価値を置き、同等の熱意を持ってワイン造りを行っていることを示しています。

縁取りが施されたバッカスの顔と、淡いイエローのラベルは、常に変わらず、一目でルイ・ジャド社のワインであることが分かります。

 

柔らかな口当たりで渋みも少なく、フルーティーな果実味を楽しめます。ライトタイプの赤ワインがお好みの方におすすめ。

商品コード:4966
アロースコルトン ルイ・ジャド 2011  Aloxe Corton Louis Jadot
産地 フランス/ブルゴーニュ
収穫年 2011年
生産者 ルイ・ジャド
格付け AOC
タイプ フルムボディ
容量 750

 

通常価格:8,100(税込)
販売価格:¥6,480(税込)
ポイント:60Pt
関連カテゴリ:
特集 > 銘醸畑に彩られたルイ・ジャド
味・タイプでさがす > 赤ワイン
ワインの産地で探す > フランス > ブルゴーニュ
金額でさがす > 5001円~10000円
味・タイプでさがす > 赤ワイン > 重め(フルボディ)
在庫: 0点
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
PAGE TOP