ホーム>オンラインショップ>金額でさがす>2001円~3000円>クローズ・エルミタージュ ルージュ レ・メゾニエ Crozes-Hermitage Rouge

クローズ・エルミタージュ ルージュ レ・メゾニエ Crozes-Hermitage Rouge

M.シャプティエ社 M. Chapoutier

 

歴史
 

エルミタージュの歴史と伝統とともに生きるシャプティエ家

 

1808年に創設されたM.シャプティエ社は、エルミタージュの丘の麓にあるタン・エルミタージュを拠点とし、ローヌ地方を代表する銘醸ワインをうみだす生産者です。

ポリドール・シャプティエが、1879年に最初の自社畑を取得して以来、現当主のミシェル・シャプティエに至るまで、一貫した家族経営のもとに、畑を守り、テロワールを尊重するワイン造りを行っています。

 

 

M.シャプティエ社について

 

テロワールの個性を写真のように写し取るワイン

 

「テロワールやヴィンテージの個性を土壌に語らせ、表現させる。」という言葉は、M.シャプティエ社のモットーを要約しています。

M.シャプティエ社がワインの味わいについて求めるのは、M.シャプティエ社としての特定の味わいや一定のスタイルをつくることではなく、むしろ、畑によって異なるテロワールの個性や微妙なニュアンスの差が、そのまま写真のように写し取られたワインをつくることなのです。

 

 

ミシェル・シャプティエ、社長・醸造家

 

「私 達がテロワールと呼ぶものは、土壌と、ワインの品質を左右するその年の気候、そして、長年の伝統に基づいたワイン造りの技術のコンビネーションで成り立っ ています。醸造家がいなければ、テロワールという言葉は無意味なものです。人間が存在しなければ、テロワールは存在しないのです。しかし、人間はまた、テ ロワールの破壊者ともなりえるのです。」-ミシェル・シャプティエ

 

M.シャプティエ社の7代目当主、ミシェル・シャプティエは、情熱とエネルギーに満ち溢れ、固い信念と高い志に導かれたカリスマ的ワイン醸造家として世界的に知られた人物です。

彼が1991年にM.シャプティエ社を引き継いで以来、そのワイン造りの中で最も重要な役割を果たすようになったのが、ビオディナミ農法(ぶどう栽培の項参照)です。

 

 

 

自社畑全てが有機栽培認証を取得

 

現在、M.シャプティエ社は、エルミタージュ、サン・ジョゼフ、コート・ロティ、コンドリュー、クローズ・エルミタージュの北部ローヌはもちろん、南部のシャトーヌフ・デュ・パープにいたるまで、約350ヘクタールの自社畑を所有しています。

その全ての畑がエコセールによる有機農法認証を受けており、多くの畑でビオディナミ農法が実践されています。また、これ以外にも、長期契約の栽培農家から買い入れるぶどうを含めて、ローヌのあらゆるアペラシオンのワインを生産しています。

 

 

単一ぶどう品種から生まれる卓越したワイン

 

M. シャプティエ社のワインの卓越性は、エルミタージュ(シラー品種)、シャトーヌフ・デュ・パープ(グルナーシュ品種)、クローズ・エルミタージュ・ブラン (マルサンヌ品種)等のローヌ品種を100%使用し、各ぶどう品種が畑の持つ特徴を最大限に表現するワインに、最も顕著に現れていると言えます。

 

また、ミシェル・シャプティエは、コート・デュ・ローヌ以外にも優れた土壌とテロワールを持つ畑を探し求めてきた結果、2000年からコート・ド・ルーションのドメーヌ・ド・ビラオーで共同生産を始めるなど、アルデッシュ等を含む南フランスには高いポテンシャルを見出しています。

また、ローヌにおける、シラー品種の経験を土台に、南オーストラリアに80ヘクタールの畑を持つマウント・ベンソンと、ポルトガルのキンタ・ド・モンテ・ドイロでもジョイント・プロジェクトによるワイン造りを開始し、シラー品種を主体とするワインを中心に、すでに高い評価を獲得しています。

 

 

全てのワイン愛好家にワインを届けるための点字ラベル

 

M.シャプティエ社は1996年から、ワイン・ラベルに点字を加えました。

これは伝説的なものではなく、エルミタージュの畑の歴史に基づいたものです。

モーリス・モニエ・ド・ラ・シゼランヌは、エルミタージュの一つの区画のオーナーですが、最初に点字をラベルに使ったのもシゼランヌ家なのです。

又、シャプティエ家の友人に、ことのほかエルミタージュ・ブラン・シャンタルエットが好きな盲目のフランス人歌手がおり、「いつもテーブルの上にこのワインがあることが確かめられれば」と言ったことが始まりだとも言われています。

M.シャプティエ社は、これによって、視覚に障害を持つ方々を含めた、全てのワイン愛好家にワインを届けたいという思いを現しています。

 

 

 

ぶどう栽培

 

ビオディナミ農法(Biodynamie)

(Bio=生命)+(Dynamique=活動する)

 

ぶどう栽培において最も重要なことは、土壌が生きていて、その個性が最大限に表現される状態を保つことです。

「原産地統制呼称(AOC)」のワインとは、何よりも先ず、テロワールの表現されたワインでなければなりません。しかし、テロワールを取り巻く環境が生きていて、良い状態になければ、土壌中のミネラルは、ぶどうの中に吸収されず、その結果、テロワールが表現されることもありません。

 

 

ビオディナミ農法、それは土壌に対する最上級の敬意

 

ビオディナミ農法の基礎は、19世紀の科学者、ルドルフ・シュタイナーによって築かれました。

シュタイナーが、偉大な自然の観察者であったことは、ビオディナミにおいて観察が非常に重要な役割を果たすことからも当然のことと言えます。

シュタイナーは、植物を扱う時には、自 然界の他の生物と関連づけて扱うべきだと考えました。植物は自然の一部であり、土と共に生き、そこから栄養を受け取っています。植物はまた、太陽の光から エネルギーを受け、それを成長の糧としています。他の植物について形成された考え方が、ぶどう栽培における成長や成熟のプロセスにも活かされるようになっ たのです。

 

 

生きた土壌こそが、テロワールを表現する

 

ビオディナミ農法では、細菌類が中心的な役割を果たします。

それは、細菌類のお蔭で土壌の中のミネ ラルがぶどうの要素に変換されるからです。そのため、畑に細菌相が形成されることが重要です。丁寧に準備した、主に有機質から成る堆肥を使って、土壌に栄 養を与えます。これを適切に行えば、ぶどう樹の根は、ミネラルの要素を求めて、より深く伸びていくことができます。また、根をより深く伸ばすために、ぶど う樹を狭い間隔で植えることも重要です。(1ヘクタール当たり、8,000~10,000本)

このような刺激を受けて、テロワールの特徴的なパワーが、土壌からぶどうへ、そしてワインへと受け渡されていくのです。テロワールが十分にぶどうに表現されるには、長い年月がかかるので、M.シャプティエ社は古いぶどうの樹を大切に育て続けています。

 

 

天体周期を含む自然のサイクル

 

他の生物と同様に、ぶどう樹は、地球、太陽、月などの天体周期や、睡眠と覚醒のサイクルに敏感で、それに反応します。

特に、ぶどう樹の剪定は、最も重要かつ芸術的な作業で、ぶどう栽培者は真の彫刻家であるといえます。限定された量の、品質の高いぶどうを得るという目標に向かって、ぶどう樹を躾け、教育し、導くのです。

 

 

自然界のバランスを重視したぶどう栽培

 

M.シャプティエ社の畑は、様々な地勢を持った場所に位置しているため、柔軟に対応する栽培技術が必要です。

トラクター、馬、巻き上げ機、つるはし等が必要に応じて使われ、収穫は全て手作業で行います。

畑のテロワールに特徴的な細菌類が、よ く繁殖するよう、殺虫剤や除草剤は一切使用していません。畑では、植物対植物、昆虫対昆虫、そして、植物対昆虫といった、多くの競合関係が発生しますが、 これは自然界では当然のことであり、これによって自然のバランスが保たれているのです。

 

 

醸造

 

畑に住む自然酵母だけを用いた発酵

 

ビオディナミ農法によるぶどう栽培には、継続的なアプローチが必要です。

伝統的な醸造方法においても、同様のアプローチに基づいて、畑に住む自然酵母だけを用いて発酵を行うので、これによっても、それぞれの畑のテロワールの個性が表現されることになります。

白ぶどう品種は、房ごと圧搾し、赤の品種は殆どの場合、発酵の前に除茎を行います(ヴィンテージと畑によって若干異なります)。

シラー品種は開放式の大樽で発酵し、1日に2回、ポンプ・オーヴァーを行います。次に、ワインは小樽に詰められ、その中でマロラクティック発酵がおこります。オークの小樽は、中央山塊の北側か、ネヴェールの近辺の森の木を使っています。

M.シャプティエ社のワインは全て、自社のワイナリーで瓶詰されます。

果実味の豊かなエレガントなワイン。深い紫がかった赤色。赤い果実や黒スグリ、ラズベリーの風味が心地よく、あとからスミレの香りも現れ ます。広がりのある味わいで、まろやかな口当たり。煮詰めた果実やヴァニラの他に、砕いた岩、タバコ、森の香りの余韻を感じさせます。7~10年は優に熟 成が可能です。

商品コード:5180
クローズ・エルミタージュ ルージュ レ・メゾニエ Crozes-Hermitage Rouge
生産国 フランス
生産地  コートデュローヌ
生産者 M.シャプティエ
収穫年 2011年 (随時変わります)
格付け AOC
タイプ フルボディ
容量 750

 

通常価格:4,180(税込)
販売価格:¥3,351(税込)
ポイント:30Pt
関連カテゴリ:
金額でさがす > 2001円~3000円
味・タイプでさがす > 赤ワイン > 重め(フルボディ)
ワインの産地で探す > フランス > その他
在庫: 0点
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
PAGE TOP